無料体験できるオンラインフィットネス・ヨガ >> Click here

プロフィール

みちょこ

はじめまして、当ブログ「美活のミカタ」管理人のみちょこです。

管理人:みちょこについて

「美活のミカタ」管理人のみちょこについて簡単に紹介していきます。

  • 年齢:32歳
  • 身長:153㎝
  • 体重:42.5㎏
  • 体脂肪率:20.6%
  • 筋肉量:18.2㎏
  • 永遠のダイエッター
  • 2児の母

【保有資格・免許】

  • 幼稚園教諭免許2級
  • 保育士資格
  • 食生活アドバイザー
  • ダイエット検定1級

家族構成

みちょこの家族構成は、夫(32)、娘(5歳)・娘(2歳)の仲良し4人家族です。

「美活のミカタ」掲載内容について

当ブログ「美活のミカタ」で掲載していく内容について紹介します。

  • 減量方法
  • 食事管理の方法
  • 私が痩せた方法
  • おすすめの運動
  • トレーニンググッズ
  • オンラインフィットネスの紹介

などを中心とした内容となっています。

私が実践してきた方法はシンプルで「食事+運動」を組み合わせたダイエット方法です。

「○○が痩せる」と言われて試してみたけど痩せなかった・・・ 

そんな経験はありませんか?(私はありありです。)

実は、ダイエットは万能ではないので人によっては減量出来ないこともあるし効きすぎることもあります。

誰かの真似をするだけではなく、自分に合っている方法を見つけることが大事になってきます。

当ブログ「美活のミカタ」では、自分に合っている方法を知るにはどうすればいいの?ということを、実際の経験と調べ抜いた知識を元に紹介していきます。

このブログを立ち上げるきっかけになったのは、次の「ダイエット・ボディメイク歴」を読んでもらえると分かります。

みちょこ

ちなみに私は、米好きの中の米好きです。
お菓子も好きだし食べることが日ごろのストレス発散です。
なので食事を抜くことは絶対にしませんし、あなたにもお勧めしません
また、単に体重を落としたいだけの人には向かいない内容になっているのでご了承ください

みちょこのダイエット・ボディメイク歴

少し長くなりますが、管理人みちょこのダイエット歴について書いていきます。

学生時代のダイエット

小さい時から近所の人に「みちょこちゃんは細いね~」と言われてきました。

筋肉質で運動すればすぐに痩せるタイプだったので部活をしている時は何も気にせず食べてもずっと40㎏~42㎏でした。

ですが、中学生で部活を引退すると食べる量は変わらなかったので一気に別人に。。。

高校生になるとお腹がぽっこりし始め、「食べないダイエット」を始めます。

みちょこ

この時はまだ「食べるから太る」「食べなかったら痩せる」という考えでした。

単純に食べるから痩せると思っていた時代で、ご飯を食べないでお菓子を食べるという今考えると恐ろしいことをしていました。

当然、結果はリバウンドで体重増です。

短大時代のダイエット

この頃もやっぱり気になる体重と下っ腹。

ですが、高校生の頃よりも美容に目覚めていたので、化粧したりオシャレしたり楽しむために見た目を良くしようと頑張っていました。

筋トレを週に3回ほどするようになり、近くのジム(結局続かなかったけど)に行くようになった。

体重は49㎏~52㎏を保っていました。

独身時代のダイエット

短大を卒業し、夢だった幼稚園の先生になりました。

仕事が忙しくハードすぎたため、運動する体力がなく休みの日はもっぱら家で休息。

ですが、仕事中こどもと全力で鬼ごっこしたり、なわとびをしたり、有酸素運動のような遊びが多かったので、今まで溜めに溜めた脂肪は何もせずとも簡単になくなり、1年経った頃には7㎏痩せてました。

当初53㎏だったのが46㎏になっていて嬉し泣きしたのを覚えています。

そして、退職するまでの5年間、46㎏~47㎏をキープ。

みちょこ

給食は山盛りご飯(+おかわり)を食べていましたが、食べても太らないことに気づき、お菓子もバンバン食べていました。体重の変化がないのをいいことに、お菓子を食べて皮下脂肪を蓄えているとも知らずに・・・

1人目の産後のダイエット

結婚が決まったので退職し、その年に結婚式をあげ、3か月後に妊娠が分かりました。

1人目の時は+13㎏で最終63㎏でした。(色々あり緊急帝王切開で出産)

産後母乳を出せば勝手に痩せると言われますが、あれは伝説です。

私にはその効果が全くなく痩せる気配もありませんでした。

帝王切開だと痩せにくいと聞いたことがあるので、そのせいだと思うことにしました。

そして何とか49㎏まで落とした頃に次女を妊娠。

2人目の産後ダイエット・ボディメイク

次女の妊娠までに、流産し精神不安定でも子どもが欲しかったので不妊治療を受けたこともありました。

不妊治療をお休みしようとした月に陽性反応が出たので、この時は嬉しかったです。

その嬉しさ、今までの辛さからの解放もあり爆食王に・・・

みちょこ

妊婦さんだから2人分♪と思って食べてましたw

でもさすがに、夜9時からカップラーメンを週3で食べたらダメです。(笑)

塩分摂りすぎ運動しなさすぎでむくみ、足の甲まで腫れ、押せばしばらく返ってこない低反発枕のようになっていました。

先生には言われなかったけど、もう少しで妊娠高血圧症候群になっていたと思います。

そんな生活をしていたので、当たり前ですが、妊娠初期49㎏だったのが+18㎏で67㎏に。

当然、産んでからも勝手に減ることもなく、溜めに溜めた脂肪だけが残りました。

自分が太っていて醜いことは重々承知していたので、鏡を見るのが嫌だったし写真にも写りたくなくてその頃の写真が1枚もない。

みちょこ

ちなみに、産後すぐは母乳を出さないと~って言いながらご飯を3杯食べてました(まだ懲りてないw)

産後は自然と体が戻っていくのですが、産後6か月までに勝負が決まる知ったので、産後2か月から簡単にできる運動を始めました。先生にちゃんと許可を取ってから

ダイエット開始 2019.10月 スタート体重67㎏・体脂肪率35%

現在2021.10月(左画像参照)体重42.5㎏・体脂肪率20.6%

※ 2021.10月時点での測定結果です。

太もも鍛えすぎてムキムキ・・・

目標だった45㎏を大きく下回り、中学生時代の体重と一緒まで絞ることができました。

現在はボディメイク(筋トレ・美容)に切り替えて、体重ではなく見た目を綺麗にすることに力を入れています。

おわりに|管理人:みちょこの今後

管理人:みちょこは、現在ボディメイクを中心としていますが、妊活中でもあります。

ママとしてだけではなく、1人の女性として自分に自信を持ち、今まで嫌いだった自分を好きになり、人生を楽しみたいと思います。

産後、自分に時間をかけることが少ないママたちでも、まだまだ諦めるなんてもったいない!

昔とは違うことにがっかりするのではなく、今の自分を好きになる方法を一緒に考えませんか?

痩せて綺麗になることだけが「美活」ではありません。

「美活」とは、自分が好きな理想の自分になることです。

その「美活」のお手伝い・悩んでいるママの味方になれたらなと思い「美活のミカタ」という名前を付けました。

みちょこ

私自身、減量には成功しましたが納得できる体型にはなっていません。
これからも理想に近づくために努力していきます。自分を変えたいそこのあなた、私と一緒に頑張りませんか?

当ブログ「美活のミカタ」では、単に体重を落とすだけのダイエットは推奨していません。
ダイエットとは、英語訳で「食事療法」「食事管理」の意味があり、日本で使われる意味とは全く違います。
普段「痩せる」という意味で使われているダイエットは和製英語で、当ブログで使われるダイエットの意味は「食事管理」「食事療法」で使用していますことをご理解ください

運営者情報

サイト名美活のミカタ
サイトURLhttps://www.bikatu-no-mikata.com/
運営事業者おすすめco.